どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

夜中の焦り

こんばんは文旦です。

 

今回はこちらには今まで書いてなかった、勉強の話です。

実は1ヶ月ほど前から、行政書士試験の勉強をしております。資格取得を目指すのにはいくつか理由がありますが、簡単に箇条書きにすると、

  • 再就職を少しでもしやすくするため
  • 社会復帰に向けたリハビリとして

といった感じです。

んで、数ある資格の中でもなぜ行政書士にしたかというと

  • 業務内容に興味がある
  • 学生時代に受けた公務員試験と内容が近く勉強しやすい

という理由からです。ちょっと不純ですね笑 まあ正直5年も前の知識なんてかなり忘れていますが、それでもテキストはぼちぼち読み進められる程度には基礎知識は残っているかなあ、といったところです。

 

ただ勉強しようとしても、病気や療養で失った頭の回転や集中力記憶力は大きく、毎日30分~1時間弱というささやかな勉強時間しか確保できずにいます。それも踏まえての長期計画にはしていますが、体調悪化でできない日が続くと不安も押し寄せてきます。

 

今日はまあまあ勉強できましたが、布団に入るとなかなか寝付けなくて、暇なのでネットサーフィンしていたんですね。それで検索かけてしまったんですよ「行政書士試験 勉強時間」と。いやーもう皆さんがんばってらっしゃる。働きながら平日に2時間とか、長期休暇は集中して勉強だとか。まじかよ皆さんそんなにやってるのかよ。

はい、それ読んで見事に焦りだしましたよね。自分もっとやんなきゃいけないなって思い始めましたよね。そしたら眠気が吹っ飛んでしまいました。どうしよ。もうすぐ夜中の2時だというのに。

 

ここらで状況を整理してみましょう。

  • 1日あたりの勉強時間は人と競うものじゃない。
  • 最終的に合格点を取れれば良い
  • 多少できない日があってもいい長期計画にしている
  • 自分の体調が一番

うん、そうだな。何より今年は病気を良くすることが一番だな。なんか書いて整理したら少し落ち着きました。

 

 

ちなみに今日は勉強もちゃんとできて、夕飯もちゃんと作れました。ロールキャベツとハンバーグ(余ったタネ)と新タマネギのサラダ。おいしかったです。

 

f:id:dnbrk:20190412012636j:image