どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

会社を辞めてよかったんだろうか

こんばんは文旦です。

パートで社会復帰を始めてはや1ヶ月弱。そろそろ少しは慣れてきたかな?いやまだだな?という感じの今日この頃です。覚えること多過ぎできっついけど、同僚や上司はいい人達なので続けていきたいなーなんて考えています。

でもそんな中ふと前職のHPを覗いたら、非正規職員の募集をしていましてね、なんとなく魅かれてしまいました。そう、私にも一応あるんですよ、前職が。

 

先月の途中まで療養という名目でニートをしていましたが、私にも会社員時代というものがありましてね。事務仕事をしておりました、名目上は2年、実質は1年半ほど。仕事自体はまあ優秀とはいかないまでも並みの新人をしていた訳ですが、なんせ病気が問題でしてね。

「就職にともない引っ越し→転院先が見つからず放置」というのをやったところ、見事に半年でぶり返しまして休職。無理して早めに復職したらまた半年で休職、となってしまいました。

おまけに職場の体質が古くて、飲み会文化ははびこってるわ、飲み会でセクハラされるわ、残業はかなりあるのに残業代はきっちり出ないわ、、職場環境もちょっときつかったんですね。

以上の状況を踏まえて

  • 休職では職場への申し訳なさからゆっくり休めない
  • 復職しても残業や古い体質についていけない

と判断して【退職】を決めたんです。その判断を後悔してはいません。

 

でも、最近になって少し回復してくると、別の考えが頭を出してくるんですね。

  • 休職していづらくても、正社員でい続けられたんじゃないか
  • 勝手の分かった職場なら社会復帰もしやすかったんじゃないか
  • 大事に育ててもらっていたのに、退職のとき引き留めてもらったのに

要は「私は退職してよかったんだろうか。」と迷いがやってきます。私が下した退職の判断は、当時は間違っていなかったと思います、今でもフラッシュバックする嫌な思い出もあります、でもいい思い出ばかりが顔を出してきて、私を惑わせるのです。

 

でも、もう「退職した」という事実は変えられません。私は退職してゼロからスタートすると決めたんです。ええ、決めてしまったんです。だから腹をくくるしかありません。前職のいい思い出は、単なる思い出として胸にしまって、前を向いていくしかないんです。

…でも、こんな強い言葉で前を向けるほど私はまだ強くはなくて。いや、そんな強さは必要ない、もっとゆるやかでしなやかでありたいんです。

 

ちょっと言葉を変えてみよう。

 

人間だからそう簡単に迷いは捨てられないし、捨てる必要もないと思っています。「退職してよかったのか?」という迷いを心の片隅に置きつつ、「この道を選んでよかった」といつか思えることを祈って、できるだけ前向きに、気楽に、進んでいくことがベストなのかなあ。

 

うん、これでいこう。

 
f:id:dnbrk:20180521010724j:image