どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

リハビリ成功!

こんばんは文旦です。
先日こんな記事を投稿しましたが

 

dnbrk.hatenablog.com

 
無事にこのリハビリが終わりました。終わったというかまずまず成功しました。100点満点中87点って感じですね。要はかなりおっけー!ってことです。
ということで、今回はリハビリがどんなだったかお話したいと思います。

 

社会復帰を目指すなら、「いきなり働くより、まずはコミュニティに参加した方がいい」と聞いた私。そして参加を決めたコミュニティが何かというと「高校部活OB会の期間限定バンド」でした。

実は私は中学高校と吹奏楽部に所属して、クラリネットを吹いておりました。で、高校の吹奏楽部だとたいてい定期演奏会が開かれるのです。

私の母校の演奏会では途中にOBステージがあり、そのステージに向けてOBがそのステージ限定のバンドを結成します。今回はそれに参加した訳ですね。

 

なんで私がリハビリにこのバンドを選んだのか。理由はいくつかあります。

  • 所属や職業を聞かれない
  • 期間限定である
  • 久々に楽器を吹きたい

まず、ニートが社会参加する上での壁「お仕事は何をされているんですか?」がない!ということが大きかったです。OB会なので「何回生?」しか聞かれないので、かなり気楽でした。

次に、期間限定であること。多少失敗したところで、期間が過ぎれば終わる、というのは参加のハードルをかなり下げてくれました。

最後、楽器を吹きたい。まあこれはなんというか、どうせやるなら楽しいことやりたいな!ってだけです。それだけです。

 

 

……というわけで始めたOBバンドへの参加。まずは

  • 練習会(月に1~2回)にきちんと参加する
  • 個人練習を週2回する

を目標にしました。

練習会は、2回出席しましたが、3回目は体調が悪く行けず…残念でした。

個人練習は用事もあり、ずっと週2とはいきませんでしたが。ある程度譜面を吹けるようにはなったのでまあ良しとしましょう。

 

 

そんなこんなで迎えた本番。前日は緊張でなかなか寝付けませんでした。眠剤2錠も飲んだのに。

しかし本番前の合奏を終えると安心感が増し、昼食時にはリラックスして、他のOBの方と親交を深めることまでできました。

 

本番の演奏では、1曲目はガチガチに緊張していながらも何とか最後まで吹き切りました。2曲目はある程度リラックスして演奏を楽しめました!

 

しかしやっぱり、バンドの一員になって音の中に浸ってお客さんの前で演奏する、というのは何とも言えない高揚感があります。演奏し終えたときには、「このOBバンドに参加できてよかった」と率直に思いました。

 

そして自分の出番が終わったら、観客席に行って今度はお客として現役生の演奏を楽しみました。いやあ高校生の一生懸命っていうのは見ても聴いても気持ちが良いものですね。素敵な演奏でした。ついでに自分の高校時代まで思い出しちゃったり笑

 

終演後には、現役・OBの懇親会があり、練習ではなかなか話せなかったObバンドのメンバーと話ができたり、現役生を労ったりと楽しい時間を過ごしました。

もともとはコミュニケーションのリハビリのつもりで参加しましたが、まさか会話が楽しめるところまでいくとは思っておらず、思わぬ収穫でした。

 

懇親会も終わって解散した後は、同期と打ち上げがてらバーミヤンへ。いい学校だねーいい部活だねーなんて昔話に興じたり、恋バナをしたり。まったりと過ごしました。

 

 

そんな感じで、もともとリハビリのつもりで「本番に参加できれば御の字」のつもりだったのに「楽しかった!」と思えるほどの経験ができました。自分でも本当にびっくりです。

 

これを1つのステップとして、少しずつ社会復帰していきたいと思います。

まずは今週末のお引越しから!

f:id:dnbrk:20180418012648j:plain