どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

屋久島旅行

お久しぶりです文旦です。

しばらくこのブログから遠ざかってしまいました。その間に流行語大賞の候補が発表されたり、M-1グランプリの王者が決まったりといろいろありましたが、今回はその中でも私の【屋久島旅行】をレポしていきます! ということでお付き合いのほどよろしくお願いします!

 

 

【1日目】

両親と空港で合流してとにかく移動・移動・移動の1日です。

自宅を出発してから、電車→空港→鹿児島空港→バス→鹿児島港→高速船→屋久島→レンタカー→ホテルという行程で、ホテルに着いた頃にはもう夕方でした。

 

両親といえども旅行など久しぶりでしたから、飛行機で荷物を当たり前のように持ち込むことや、私が作成した渾身の(!)しおりを簡単に無視することにめっちゃ驚きました(私は荷物はなるべく預けたい派)。

いや事前にしおりの内容について相談したやん…まあ、無事に着いたから良しとしましょう。

 

途中鹿児島から見えた桜島雄大さに感じ入り、鹿児島ラーメンのうまさに舌鼓を打ったのが主な思い出ですね。

 

f:id:dnbrk:20171229220024j:plain

 

f:id:dnbrk:20171229220057j:plain

 

【2日目】

旅のメインの縄文杉トレッキング!

朝4時に起き、ホテルで前日に注文した弁当(朝食と昼食)を受け取り、ホテルのロビーでガイドさんと合流。いざゆかん縄文杉へ!

三代杉、ウィルソン株、大王杉、夫婦杉、などなど名所でちょくちょく休憩や写真撮影をしつつ、せっせせっせと山道を登ってついに、メインの縄文杉! なんというかね、とても存在感がありました。とても立派です。がんばって歩いた甲斐がありました。

 

f:id:dnbrk:20171229220238j:plain

 

この日は天気にも恵まれ、「月に35日雨が降る」と言われる屋久島でほとんど雨に降られず景色や屋久杉の数々を楽しむことができました。ラッキー。しかもヤクザルにまで出会えてめっちゃラッキー。

その上ガイドさんの解説も名所の紹介、植生、屋久島の歴史、行政も絡んだ重大なトイレ問題など多岐にわたり、おかげでトレッキングをより深く楽しめました。

 

f:id:dnbrk:20171229220742j:plain

 

しかしね…最初からうすうす思ってたんだけど…ちょっと…ガイドさん…ペース、はやくね? いや、両親(登山経験あり)が何も言わないしきっとこれが普通のペースなんだとか思っていたら、下りでみんなバテバテに。足は痛い痛い言うわ顔には疲れの色が浮かぶわヘロヘロ。しかし!それでも!ガイドさんはペースを緩めない!! はい、おかげで予定よりはやくゴールできました。

ちょっと私らには厳しかったよ、ガイドさん。でもね、トークは面白かったしお昼のときに出してくれたお味噌汁はめっちゃおいしかったよガイドさん。総合してありがとうガイドさん。

ちなみに両親ともガイドさんのペースははやいと感じていたようです。それならそうと言ってくれー(ブーメラン)

 

その日の夜は、痛くなった足にホテルのお風呂が染み渡りました。

 

【3日目】

レンタカーで屋久島の名所めぐり!

まずはヤクスギランドへ。昨日のトレッキングとは違い整備された道でお手軽に屋久杉や植生を楽しめます。

 

f:id:dnbrk:20171229220751j:plain

 

昼食はイートインのあるパン屋さん、ペイタ。おいしかった! 朝食と夕食がホテルなので、お昼はパン屋さんで軽めに食べるのがちょうどよかったです。

 

f:id:dnbrk:20171229220916j:plain

 

千尋の滝。人が千人手を広げたくらい大きな滝という意味だとか。滝はもちろん、周囲の雄大な景色が見事でした。

  

f:id:dnbrk:20171229221008j:plain

 

平内海中温泉を経て、屋久島フルーツガーデンへ。一見するとただのジャングルなんですが、おじいちゃんがいろいろ解説してくれて予想以上に面白かったです。実際にそこで採れた季節のフルーツもいただいて満足。

 

f:id:dnbrk:20171229221318j:plain

 

以上が3日目でしたー

ちなみに道中2回ほどヤクザルの群れに遭遇して、ラッキーさを感じられなくなったりしました。

 

【4日目】

はいこの日は帰る日! ということで初日と同様に移動・移動・移動!

とにかく無事に帰還できたのでOKです。あと鹿児島空港で食べた黒豚カツ丼がうまかったです。

 

f:id:dnbrk:20171229221206j:plain

 

はい、ということで以上が屋久島旅行でした。

自分としては初めて企画から携わった家族旅行だったので、とにかく無事に終わってほっとしましたし、それ以上に縄文杉トレッキングをはじめ充実した内容になって本当によかったです。

屋久島行きたい!」と憧れだけで言っていた私に付き合ってくれた父さん母さん、ありがとうございました!