どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

眠れぬ夜の

 

眠れぬ夜の時間は淋しい。

 

世の中が寝静まって、自分も一緒に寝たいのにそれができない。おいてけぼりの切なさ。

 

 

小学生の頃から寝付きはずっと悪かったけど、この切なさに慣れることはなさそうです。

 

さて今夜は何時に寝れるかな。