読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

横向き親知らず、抜きました

先日親知らずを抜きました。今回が初めてです。初めてなんで「抜歯ってこんなもんかー」と思ってたら、どうも結構な難工事だったみたいです。


まず歯の生え方が、真横から生えてます。まずこれだけでも厄介。
この場合、おおまかに以下のような工程になるらしいです。事前に説明を受けました。
(1)麻酔をする
(2)歯を割って、上半分(歯茎から出ている部分)を抜く
(3)歯茎を切開する
(4)下半分(歯茎に埋まっていた部分)を抜く
(5)縫合する
伝わりますかね。まあ厄介だってことだけ伝わってください。なんたって切開と縫合ですからね!人生初です!


まあ上記のことを説明を受けて納得して臨んだので、ある程度時間が掛かることは承知の上だったのですが、抜歯の最中に新事実が発覚したそうです。(後から説明があった)

【親知らずの凹凸が隣の歯の凹凸にガッチリはまっている】

これがどういうことかと言いますと、上記の工程の
(2)歯を割って上半分を抜く
が【割ったぐらいじゃ抜けない】に変わったそうなんです。

結果、割った部分を更にたくさん削る必要が出たらしく、施術中の先生、
削る→抜こうとする→抜けない→首をひねる→更に削る…
を延々と繰り返してらっしゃった。

で、こちら患者としては「割れば上半分は抜けるって話じゃなかったっけ?」と気楽に思っていました。知らぬが仏、だったのでしょうか。でも何が起きているか分からなくてちょっと不安。
しかも先生、抜こうとするたび「よいしょっ」って言うもんだから、再度削りがスタートするたび「抜けなかったのか…?」って更に不安。

後半になってくると先生が「よいしょっ」って言うたびに童話「大きなかぶ」を思い出していました。
うんとこしょ、どっこいしょ、それでも歯は抜けません。


そうしてしばらく経って私の顎も疲れてきた頃。口を開けっ放しにするのがきつくて休憩はさめないかなーとか無駄なことを考え出した頃。全てが終わりました。よかった。顎痛かったけどギリギリもってよかった。


スタートからちょうど1時間。長い戦いでした。
この「1時間」って長さ、周囲の人に話すと例外なく「うわー」って顔されてます。なんなら「うわー」言われてます。どうも一般的には長い戦いだったのだと、このときに知りました。



その後も(切開があったので)消毒や抜糸のために通院したり、厄介な親知らずでした。

まあ抜歯のとき以外は、痛みも想定の範囲内だし、鎮痛剤も効くし、腫れは大したことないし、術後の経過は良好だし、で安心しているんですが……
今度また反対側にある横向きの親知らずを抜くので、ちょっと気が重いです。