どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

マンガ「同棲終了日記」

こんばんは文旦です。

実は最近Kindleアプリで電子書籍デビューしました。いえい。
そこで初めて購入したのがこの「同棲終了日記」。大雑把に言うと筆者のおりはらさちこさんが実際に10年同棲した初彼に振られ、同棲を解消し、一人暮らしを始めるお話です。一時期ネットに広告がバンバン出てたあれですね。

絵はかわいいのに内容はリアルで、友人のスリリングな近況報告を聞いてるような気持ちで読了しました。
知り合いの恋バナを心配しつつのワクワク聞いているくらいかそれ以上のリアルさ。

同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました

同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました


ってことで感想を書いていきますが、ネタバレも多少含むので注意してください。
といってもあらすじは上記のとおり。2人のなれそめ~同棲~別れ~引越し 以上です。

これが普通の友達の恋バナとどう違うか? 私の思う最大のポイントは
【うまくいってる時期に書いた話も掲載されている】という点です。

別れた相手の話、その内容はすべて過去のことです。そのときの気持ちで語ろうとしたって、「既に別れている現在」の視点からしか振り返れません。
あのときはよかったよねー
いま思えば幸せなんかじゃなかったー とか。

しかしおりはらさんは違います。このマンガには同棲中にブログに掲載したエッセイ4コマも収録されているんです。まさに、まさにラブラブしてイチャイチャしていた時期に、そのときのテンションで書いたラブラブ話が載っているのです。
読んでいて本当に不思議な感じがしました。本当に平凡に日常なんです。ただ「ラブラブで幸せ!」ってのはもちろん、「こいつウザイ」「何ばかなこと言ってんの?」といったイラッとくる感じもリアルに描かれています。
ああそうだよね、日常ってそういうもんだよね、情熱的なだけでも冷えきってるだけでもないよね…… それと同時に「この2人は既に別れている」という事実。違和感さえ感じます。っていうか切ねえ。もうやめてくれ。それほどに日常なのです。


で、10年も一緒に暮らした2人の別れ話のスタートが(これはネットの広告にも散々出ていたので書いちゃいますね)

「気になる人ができた」

お前らは付き合って3ヶ月の高校生か!! 10年暮らしてこんなセリフで別れ話スタートか!! てか彼氏これ本当に別れ話!?
……いやこのマンガのことですからこれが本当にリアルなのでしょう。

ここから先が、ラブラブ編との対比ですっげーーー沁みてきます。
ブログによると筆者のおりはらさんも描いててきつかったそうです。そりゃそうだ。読んでる方もちょっときつい。
でもきつかっただけあってうん、よかったです。月並みだけど。


それでも。別れたーめっちゃ泣いたーで終わらないのがこのマンガ。
同棲してたからには引っ越して、おりはらさんが新生活を始めて、ああまたここから日常が続くんだなあと再び感じさせてくれます。読者としても少しほっとして終われます。


ブログも合わせておすすめです。
http://ameblo.jp/yomenekonekoneko
ラブラブ時期はもちろん、「同棲終了日記」執筆当時のことや現在のことも4コマで綴られています。
実は私ブログ全部読みました。



描かれたのも広告になってたのも数年前で、今更だけど買ってよかったです。
でもここからKindleにはまるのだけは怖いので気をつけていきます。




最後に一言。
付き合って1ヶ月で同棲を持ち掛けてくる男はどっからどう見ても地雷だろ!!!
以上です。