読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

肩こりとの戦い

こんばんは文旦です。
肩こり、つらいです。皆さんつらいですよね。この現代日本のストレス社会に生きる以上、誰もが肩こりに悩まされているんじゃないんでしょうか。いや、ちょっと盛りましたすみません。
まあ皆さんの状況は分かりませんが、少なくとも私は肩こりとの付き合いが長く、地味につらいです。


始まりは中学時代に遡ります。我ながら早い。
はじめは【肩こり=大人がなるもの】だと思っていたので自覚は無かったのですが、あるときふと気付きました。
「この首の付け根が鈍く堅いのは、もしかして肩こりなんじゃないか?」
そこで肩こり持ちの母に頼んでみました、肩揉みを。母も「子供が肩こりなんてなる訳ない」と渋りましたがそこを頼み込み、揉んでもらうとあら不思議と気持ちいい。そのとき確信しました。これが肩こりなんだと。
その日から現在に至るまで、肩こりと共に過ごしてきました。


高校時代は(よくある)文武両道を謳う進学校に進んだため勉強に部活に忙しい日々。更に教科書類は増えて荷物は重い。という訳で肩こりはいっそう深刻になっていました。

この頃になると両親(肩こり持ち)も私の肩こりを認めてくれ、肩こりに効くストレッチを見つけると私に教えてくれていました。まあ効かなかったんですけど。
また自分では「肩こりは姿勢が悪いからだ」と思っていましたが、中高を経て猫背を直した大学時代になっても肩こりは続いたので、これは姿勢の問題ではなかったようです。

そして大学時代、相も変わらず肩こりは続いていましたがいいグッズとの出会いを果たします。ピップマグネループです。
この手の「付けるだけで楽になる」的なグッズにはずっと懐疑的でしたが、効きました。疑ってごめんなさい。付けるだけで解消はしませんが、楽にはなりました。鈍く堅い感じは残っても、痛みはまず出ませんでした。
しばらくはピップマグネループなしでは過ごせなくなってました。誇張でなく本当に手放せなかったです。


大学卒業後、引越しのドタバタでマグネループをなくし、いまだに肩こりに苦しめられています。そろそろ肩がこってる状態が普通になりつつあります。
ひどいときは痛みで夜中に目が覚めました。あれはきつかった。
その頃は湿布を毎日貼って乗り切っていましたね。ロキソニンテープの即効性は流石です。

そして現在、一時期の悪化からは抜け出しましたがこれという打開策を打ち出せないまま。教えてもらった肩甲骨を回すストレッチはうまくできず。いやこれから練習します。



……タイトルに「戦い」なんて銘打ちましたが、こうやって見返すと連戦連敗だな私。というか自己努力が報われなくて今はどうにも戦意喪失してます。

思い起こせば、
✖腕を回す
✖肩を回す
✖猫背をなおす(年単位でやった)
⭕ピップマグネルー
✖孫の手みたいなやつ
ですからね。虚しくてマグネループを買いなおす気にもなれませんでした。


ただ最近になって今までとはアプローチの違う肩甲骨を動かすストレッチを教わったので、またぼちぼち戦おうと思います。

やったるぞ。
今度は使えるグッズも総動員するぞ。
いいグッズやアイデアあったら教えてください。

一汁三菜

こんばんは文旦です。
ぼちぼち自炊している日々ですが、最近珍しく一汁三菜を達成しました!
普段は1品か2品とか、ときどきサボるとか、そんなことは今は棚に上げます。一汁三菜作りました、やったね!

f:id:dnbrk:20170330165438j:plain


・豚キムチ
・鶏肉とネギの炒め物
・もやし
・わかめスープ(インスタント)

簡単なものやインスタントですがいいんです、うん。


やたら肉肉しているのは事故です。
冷蔵庫の中に料理酒に浸けたまま忘れ去っていた鶏肉を発見していたために、鶏肉の炒め物が生まれました。

腐ってなくてよかった…!!
お腹も壊さずに済みました。正直、この事故があったからこそ一汁三菜になったと言えます。

料理酒によく浸かった鶏肉はおいしかったです。腐る一歩手前だからおいしかったのかもしれません。


オチもとりとめもないですが、
・鶏肉を腐らせなくてよかった
・品数たくさん作った頑張った
って言いたかったんです。

ちゃんちゃん

ストラップで少し楽になった

こんばんは文旦です。
最近ずっとウクレレは「島人ぬ宝」を少し弾いたあと、「風になる」を練習しています。


で、この「風になる」当初は8ビート(ジャカジャカジャカジャカ)を練習していたんですが、無茶だったので、ひとまず4ビート(ジャンジャンジャンジャン)に切り替えました。目標は少しずつ設定せねばならなかったと反省。

4ビートじゃ今までの赤鼻のトナカイや島人ぬ宝と同じじゃん!というところですが、少し違います。
今までは右手で楽器を支えて親指で弾いていました。それをやめて、8ビートと同じ腕の振りで、4ビートを弾くのです。楽器を持たず腕ごと振って、腕を上から下に振るときだけ弾いて、下から上のときは今は弾かない。そこから始めて、これができたら次に8ビート(下から上のときにも弾く)へ行こう!という目論見です。

8に挑戦していたときは左手のコード転換がまっったくできませんでしたが、4なら動かせました。まあでもなかなかスムーズにはいかない……とやっていたところ、Amazonで頼んでいたストラップが届きました!!待ってた!!


f:id:dnbrk:20170328173308j:plain

(この柄かわいいでしょ)

このフックをサウンドホールに引っ掛けて、首からウクレレを下げます。
するとやっぱり安定する!右手で持たなくても楽!しかも掛けることで角度が少し変わると、その方が左手も楽!ワンコインでよく来てくれたストラップ!!

このストラップによって、8ビートの腕の振りで弾くのが楽になりました。4でならひとまず1曲通せる程度にコード転換もできた。
まだちゃんと安定して鳴らすストロークができてないのが課題ですが、とりあえず進歩できてるなとひと安心。独学で効率悪いかもだけどいいのです。



赤鼻のトナカイの頃に比べるとやっぱり伸びが少しずつになってきて最初ほど面白くもありませんでした。が、練習を工夫したり曲を変えたりアイテム買ったりしてモチベーション上げていくと、やっぱ楽しいなと思うあたり自分単純だと実感しました。
単純にできててよかった。
あとストラップがかわいい柄でよかった。

カップヌードルミュージアム

こんばんは文旦です。
このあいだ横浜のカップヌードルミュージアムに行ってきました!
周囲に好評だったので何となく行ってみたところ、予想以上に面白かったです。

http://www.cupnoodles-museum.jp/sp/index.html
!!! CUPNOODLES MUSEUM


カップヌードル開発のエピソードや歴史を学べる展示、シアター、カップラーメン作り体験コーナー、フードコートと盛りだくさんの施設でした。そして館内はシアター以外撮影自由という優しさ。



面白い所はいろいろあったのですが、個人的に一番これを言いたい。カップラーメンの歴史がね、創業者・安藤百福ももふく)氏の人生と共に描かれているのですがこれが単にインスタントラーメンの歴史に収まらないのです。

詳細はネタバレなので省きますが。1958年戦後の闇市にアイディアを得た「チキンラーメン」が発売され、2005年に宇宙食ラーメン「スペース・ラム」がロケットに搭載されるまで。その歴史の中でメディアの変遷に伴い広告戦略をうち、核家族化や共働き化での需要の変化に応え、世界進出で商品をひらめく……
といった具合に世の中の変遷とインスタントラーメンが密接にリンクしていることがとても、面白いというか興味深かったです。すごいぞチキンラーメン。すごいぞカップヌードル


展示コーナーでは日本はもちろん世界進出で生まれた各国のインスタントラーメンも見ることができ、フードコートではいろんな種類が食べられ、ミュージアムショップでは買うことができるのも嬉しいですね。



f:id:dnbrk:20170326123011j:plain

インドネシア、タイ、フィリピン、インドのラーメンがずらり。


f:id:dnbrk:20170326123023j:plain

こちらには発売年ごとに国内のラーメンがずらり。



f:id:dnbrk:20170326123132j:plain

私はトムヤムクンヌードルを買って帰りました。食べるのが楽しみ。

グッズもたくさんあったので、次はショップだけでも行きたいくらいです。(ショップはチケットなしで入れます)


ちなみに体験コーナーは混んでいると早くに申し込みがいっぱいになってしまうので、行きたい方は早めがおすすめです。私は逃しました。

まあ体験はできなかったにしても、いやあ面白かった。
うん、行ってよかったです。

最後は、パスタうどんラーメンと麺類好きの私が感銘を受けた言葉で締めたいと思います。



f:id:dnbrk:20170326123153j:plain


「人類は麺類である」安藤百福

横向き親知らず、抜きました

先日親知らずを抜きました。今回が初めてです。初めてなんで「抜歯ってこんなもんかー」と思ってたら、どうも結構な難工事だったみたいです。


まず歯の生え方が、真横から生えてます。まずこれだけでも厄介。
この場合、おおまかに以下のような工程になるらしいです。事前に説明を受けました。
(1)麻酔をする
(2)歯を割って、上半分(歯茎から出ている部分)を抜く
(3)歯茎を切開する
(4)下半分(歯茎に埋まっていた部分)を抜く
(5)縫合する
伝わりますかね。まあ厄介だってことだけ伝わってください。なんたって切開と縫合ですからね!人生初です!


まあ上記のことを説明を受けて納得して臨んだので、ある程度時間が掛かることは承知の上だったのですが、抜歯の最中に新事実が発覚したそうです。(後から説明があった)

【親知らずの凹凸が隣の歯の凹凸にガッチリはまっている】

これがどういうことかと言いますと、上記の工程の
(2)歯を割って上半分を抜く
が【割ったぐらいじゃ抜けない】に変わったそうなんです。

結果、割った部分を更にたくさん削る必要が出たらしく、施術中の先生、
削る→抜こうとする→抜けない→首をひねる→更に削る…
を延々と繰り返してらっしゃった。

で、こちら患者としては「割れば上半分は抜けるって話じゃなかったっけ?」と気楽に思っていました。知らぬが仏、だったのでしょうか。でも何が起きているか分からなくてちょっと不安。
しかも先生、抜こうとするたび「よいしょっ」って言うもんだから、再度削りがスタートするたび「抜けなかったのか…?」って更に不安。

後半になってくると先生が「よいしょっ」って言うたびに童話「大きなかぶ」を思い出していました。
うんとこしょ、どっこいしょ、それでも歯は抜けません。


そうしてしばらく経って私の顎も疲れてきた頃。口を開けっ放しにするのがきつくて休憩はさめないかなーとか無駄なことを考え出した頃。全てが終わりました。よかった。顎痛かったけどギリギリもってよかった。


スタートからちょうど1時間。長い戦いでした。
この「1時間」って長さ、周囲の人に話すと例外なく「うわー」って顔されてます。なんなら「うわー」言われてます。どうも一般的には長い戦いだったのだと、このときに知りました。



その後も(切開があったので)消毒や抜糸のために通院したり、厄介な親知らずでした。

まあ抜歯のとき以外は、痛みも想定の範囲内だし、鎮痛剤も効くし、腫れは大したことないし、術後の経過は良好だし、で安心しているんですが……
今度また反対側にある横向きの親知らずを抜くので、ちょっと気が重いです。