読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

赤鼻のトナカイを歌う大人

こんばんは文旦です
ウクレレ始めて少し経って、ようやく曲が1つ弾けました!!!
やったあ!!


弾き語りで「赤鼻のトナカイ」です。
なんでこの曲かって?「ウクレレ 初めての曲」で検索した結果です。検索してみるもんですね。CとGとFだけで弾けちゃう。季節感なんて知りません。教本に乗ってるTSUNAMIとかはまだ全然無理です。
こちらのサイトを参考にしました。
http://kirakirakirei.blog.so-net.ne.jp/ukulele_code_CGF


正直検索したときは
「こんなに簡単ならすぐでしょー」
となめくさっていましたが、甘かったです。歌の流れのままコードチェンジできないわ、変なとこに指が当たってビリビリ鳴るわ、なかなかうまくいかない。3日目でようやくそれっぽくなりました。よかった。


正直2日目うまくいかないと流石に凹んできまして、ウクレレが再度インテリアになる未来すら見えました。
回避できた。よかった。


いい大人が夜にコードだけ抑えながら
♪真っ赤なおっはっなっのー トナカイさん……はー
とかやってる訳です。時々ふと我に返ると非常に微妙な気分になりました。
「……」はコードチェンジに手間取っている間です。そこも情けない。



しかし曲ができると嬉しいですね。
嬉しくて何度も ♪真っ赤なおっはっなっのー ってやってました。
楽しいけど微妙な光景なのは相変わらずでした。

マンガ「同棲終了日記」

こんばんは文旦です。

実は最近Kindleアプリで電子書籍デビューしました。いえい。
そこで初めて購入したのがこの「同棲終了日記」。大雑把に言うと筆者のおりはらさちこさんが実際に10年同棲した初彼に振られ、同棲を解消し、一人暮らしを始めるお話です。一時期ネットに広告がバンバン出てたあれですね。

絵はかわいいのに内容はリアルで、友人のスリリングな近況報告を聞いてるような気持ちで読了しました。
知り合いの恋バナを心配しつつのワクワク聞いているくらいかそれ以上のリアルさ。

同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました

同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました


ってことで感想を書いていきますが、ネタバレも多少含むので注意してください。
といってもあらすじは上記のとおり。2人のなれそめ~同棲~別れ~引越し 以上です。

これが普通の友達の恋バナとどう違うか? 私の思う最大のポイントは
【うまくいってる時期に書いた話も掲載されている】という点です。

別れた相手の話、その内容はすべて過去のことです。そのときの気持ちで語ろうとしたって、「既に別れている現在」の視点からしか振り返れません。
あのときはよかったよねー
いま思えば幸せなんかじゃなかったー とか。

しかしおりはらさんは違います。このマンガには同棲中にブログに掲載したエッセイ4コマも収録されているんです。まさに、まさにラブラブしてイチャイチャしていた時期に、そのときのテンションで書いたラブラブ話が載っているのです。
読んでいて本当に不思議な感じがしました。本当に平凡に日常なんです。ただ「ラブラブで幸せ!」ってのはもちろん、「こいつウザイ」「何ばかなこと言ってんの?」といったイラッとくる感じもリアルに描かれています。
ああそうだよね、日常ってそういうもんだよね、情熱的なだけでも冷えきってるだけでもないよね…… それと同時に「この2人は既に別れている」という事実。違和感さえ感じます。っていうか切ねえ。もうやめてくれ。それほどに日常なのです。


で、10年も一緒に暮らした2人の別れ話のスタートが(これはネットの広告にも散々出ていたので書いちゃいますね)

「気になる人ができた」

お前らは付き合って3ヶ月の高校生か!! 10年暮らしてこんなセリフで別れ話スタートか!! てか彼氏これ本当に別れ話!?
……いやこのマンガのことですからこれが本当にリアルなのでしょう。

ここから先が、ラブラブ編との対比ですっげーーー沁みてきます。
ブログによると筆者のおりはらさんも描いててきつかったそうです。そりゃそうだ。読んでる方もちょっときつい。
でもきつかっただけあってうん、よかったです。月並みだけど。


それでも。別れたーめっちゃ泣いたーで終わらないのがこのマンガ。
同棲してたからには引っ越して、おりはらさんが新生活を始めて、ああまたここから日常が続くんだなあと再び感じさせてくれます。読者としても少しほっとして終われます。


ブログも合わせておすすめです。
http://ameblo.jp/yomenekonekoneko
ラブラブ時期はもちろん、「同棲終了日記」執筆当時のことや現在のことも4コマで綴られています。
実は私ブログ全部読みました。



描かれたのも広告になってたのも数年前で、今更だけど買ってよかったです。
でもここからKindleにはまるのだけは怖いので気をつけていきます。




最後に一言。
付き合って1ヶ月で同棲を持ち掛けてくる男はどっからどう見ても地雷だろ!!!
以上です。

まい ふぇいばりっと ウクレレ

最近ちょこちょこ練習しているウクレレ、少しの上達が嬉しいとか言っていますが……
正直に言いますと、このウクレレを買ったときの決め手は【音】だけではありませんでした。

じゃあ何で決めたんだよバカッ!!って話なんですが。
もちろん試奏はきちんとしましたし、最初は値段と音で候補を絞込みました。
他にもケースが付属だと嬉しいねとかタイプだとか考えた上で、最後の決め手はなんと【デザイン】でした。
アホだと思う方もいるでしょうが、素敵なデザインですよ私のウクレレ。ふふ。

なので今日は、私のウクレレについて、音以外のことを語らせてください。いや、語らせてくれなくても勝手に書いていきます。



●こんなウクレレ

私のウクレレはCordoba 15smです。楽器屋さんのおすすめをいくつか試奏した中にありました。
メーカーの公式サイトを見ても、初心者から愛好家まで満足できるモデルとのこと。
(公式サイトはこちら http://www.kikutani.co.jp/Cordoba/Cordoba_index.html

ちょうど楽器屋さんでフェアやってたんで、公式よりも少し安く買うことができました。楽器はフェアとかやってるときに買うのがおすすめですよ。公式よりも安いことはままありますよ。(吹奏楽部時代に聞いた話)
あとは教本とチューナーを買いました。今もこの楽器・教本・チューナーだけで練習してます。

Cordoba ウクレレ ソプラノ スタンダード 15SM

Cordoba ウクレレ ソプラノ スタンダード 15SM


●細工

ちょっとよーく見ていただきたい、穴の周りのこの細工!
光が当たるとキラキラ反射するこれ!
正直これに一目惚れしました!だってこれきれい
そんな訳で買いました。デザインがいいっていうか、この細工が好き。
今日はこの画像を貼りたかった。

f:id:dnbrk:20170304163104j:plain


●スタンダードな形

ウクレレっていうとまず思い浮かぶスタンダードなこの、ひょうたんのような形。まずもってとっつきやすかった。
クビレがないものや、一部が欠けている形もありますが、やっぱりこの形が一番シャープで落ち着きがあるように感じます。
それから淡すぎず濃すぎず、ちょっとかわいいこの色合いも気に入りました。

f:id:dnbrk:20170304163138j:plain


●ケース付属

ちょっとデザインとは違いますが… 音の響きもいい、価格帯も近い2つのウクレレで迷っていたとき「ケース付属」というのは大きかったです。楽器を持つなら、ケースは別売りだろうと必ず必要ですからね、みなさん覚えておいてくださいね。
しかも当のケースもソフトケースながらしっかりしているし軽い。よいよい。

f:id:dnbrk:20170304163157j:plain



こんな感じで購入しましたが、今でもいい買い物をしたと思っています。悔やむのは1年間もインテリアさせてたことだけですね。
なんでそんなことしたんでしょうね。



とまあ自分の中で購入時のポイントになったところをいくつか書いてきましたが、言いたかったのは「音以外にも素敵なポイントってたくさんあるんだよー」ってことです。
もちろん楽器は演奏するものですし、音が一番大事です。
でも趣味でやる以上、より楽しく続ける上では音以外でも気に入ったポイントがいくつかあることも大事じゃないかなーって最近は思います。


以上、うちの子すてきでしょって話でした。