どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

脱・半昼夜逆転生活

お久しぶりです、文旦です。気が付いたら1ヶ月ほどここを放置していましたね、すみません。

さて、母が退院してから1ヶ月。母は少しずつ回復しており、一応様子見にと実家に週1程度で顔を出しているのですが、単なるおしゃべりになることが多く、こちらとしてはホッとしています。

 

 

んで、母が大丈夫そうだなー…と気を抜いていたら、今度は私の方がちょっとした不調に。タイトルの通りの「半昼夜逆転生活」になってしまいました。

 

いやね、もともと寝付きが悪い方なんですけど、4月頃から寝付きが更に悪くなってきたなーとは感じていたんです。22時に布団に入っても、3時まで寝付けないとかがちょくちょく起こりだしてました。で、その頻度がだんだん増えてきて、しまいには毎日のように深夜の2時3時まで起きているようになりました。

そうなると朝も当然起きられなくなります。最初はときどき午前を寝過ごすくらいだったのが、気が付けば毎日14時起床、なんて状態にまでなってしまいました。

 

それでも4月5月は「自力で生活リズム直すんだ…」と無駄に意気込み、そのくせ特に有効な策は打たずに、毎日自分の寝れなさと起きれなさにちょっと絶望していました。

…で、6月になってようやく主治医に相談したところ「薬で調節するレベルだね」とアッサリ言われてしまい「睡眠リズムを整える薬」を処方してもらいました。

 

で、新しいお薬初日!自分でも策を打とうと遂にやりましたスマホを寝室に置かないルール」導入!!

「いや今まで散々寝れない寝れない言っててベッドの中でスマホいじってたんかい!」というツッコミはいくらでも受け付けます。SNS大好きなもんでなかなかやめられなかったんですすみません。

 

結果はというと……初日の夜は

ここ1ヶ月なかったくらいの快眠でした!!

新しい薬は即効性はないそうなので、おそらくプラシーボ効果スマホを手放した効果だと思うのですが、それでも夜に眠れて朝に起きれたのはすごく気持ちよかったです。生活リズムって大事。本当に身に沁みました。

 

その後1週間ほど経っているのですが、寝付きに1時間ほどかかる日もあるとはいえ、以前と比べればずっと快適な睡眠を得られています。

……が、今日だけは躁気味で寝られていません。んでブログ書いてます。たはは。いやーだって今日は朝から出かけて歩きまくって喋りまくってるんだもーん。そりゃ神経も昂るってもんよー。でもどうにかせねばなー。

というわけで今後の課題は「躁気味(ハイ)になった日にどうやって安眠を得るか」ですね。 主治医と相談しながら、少しずつ睡眠を改善していたらいいなあ。

 

f:id:dnbrk:20190612020718j:image

写真は今日食べたオシャレランチ。

 

母、退院

おはようございます文旦です。

さて、GW皆さんいかがお過ごしでしょうか。タイトルの通りですが、我が家では母の退院が一番のニュースで、これでひと段落かとホッとしているところです。

 

緊急手術から約3週間、母はよくがんばってここまで回復したと思います。そして毎日通って母を支えた父もよくがんばりました。

 

また今回のことで、意外にも母のお友達がこのブログを読んで下さっていると分かったのは意外な収穫でした。

 

先週は弱音を吐いたりしましたが

 

 

dnbrk.hatenablog.com

 ここまで来れて本当によかったです!

ご心配おかけしました!

 

 

f:id:dnbrk:20190504044620j:image

写真は病院近くで撮れた藤の花です。

 

面会の日々

こんばんは文旦です。

すみませんが今回は弱音です。

 

 

 

さて、母が救急搬送されてから2週間が経ちました。

 

状況をざっくりとまとめると「救急搬送→緊急手術→ICUに5日間→一般病棟に10日間←イマココ」って感じです。詳しく書いた記事はこちら。

 

dnbrk.hatenablog.com

 

 

入院してからは父と一緒に基本的に毎日面会に通っていて、体調的に無理な日は休んでます。自分の病気もありますから、体調管理には気を付けてます。母も徐々に回復してきていて、父とも顔を合わせられて、協力できているのかなあと思っています。

 

 

でも、吐き出させてください。最近ちょっと、しんどいです。

 

まず、体力面。

持病で体力が落ちているところに、【面会約2時間+往復2時間=計4時間】の活動が課されると、それだけでグッタリできます。更にそれが何日も続くと、溜まった疲労が体を蝕んできます。

それなら休めばいいじゃん、と思われるかもしれませんが、具合の悪い母の姿を見ると、気になってまた翌日行きたくなるのです。また数年前に私が入院した際には母が毎日面会に来てくれていたので、恩返しの意味も込めてできるだけ毎日通いたいと思っています。

 

次に精神面。

まず第一に母が心配です。当然です。母方祖母が同じ病気で、それもICUから一般病棟に移った後に亡くなっているだけに、不安はなくなりません。まあ祖母とは状況が違うと分かってはいるのですが。

第二に父が心配です。家族の中で看病の中心になり、母に替わって家事をするようになり、3食1人で食べる生活…。母を支える中で、父に負担が行き過ぎていないか、ストレスが溜まっていないかが心配です。

第三に、自分の体調の不安。気が張っていて普段出ていた症状が出なくなっている部分もあり、でかい揺り戻しが来るのではと不安です。最近少しずつ疲労と一緒に不安定さが出るようになったのは、まあ辛いですけどホッとしています。家事をしてくれたりと支えてくれるオットには感謝しかありません。

 

 

……ってなわけで本当に心身ともに、不安で、つらいです。

とにかく、母を支えること、そして周囲と協力しあうことを忘れずに、無理のないようにやっていこうと思います。それしかありません。

 

 

ここまで読んでくださったかた、ありがとうございました。