どんぶらこ。

川を流れる文旦の日常。

よい休日

こんばんは文旦です。

最近急に冷え込みましたね。いよいよ冬本番がやってきたなあ。みなさんあったかくして、風邪をひかないように気を付けてくださいね。

 

 

さてこの冷え込んだ土日ですが、私はなかなかハードに過ごしておりました。

 

まず土曜日は丸一日かけてお出掛け! 片道2時間かけて友人夫婦宅へ遊びに行きました。実はこの夫婦、赤ちゃんを授かったばかりということでお祝い兼赤ちゃんを抱っこさせてもらいに行ったのです。でも楽しみはとっといて、まずは別の友人と合流しておいしくランチしておしゃべり。結婚祝いも兼ねてとハワイ旅行土産をいただいてしまいました。ありがたや。そして次に出産祝いを一緒に選んで友人夫婦宅へGO!

元気そうな姿で迎えてもらえてまずはホッとしました。出産後は母子ともに健康とのこと。お祝いを渡して、おしゃべりしつつ赤ちゃんを眺めつつ。いやー赤ちゃんって何してもかわいいですね。ぐーっと伸びしてるときの顔つきがもうたまらん。そして抱っこしてみると柔らかくてほよほよ!緊張して手に変な力が入ってました。で、そこからも思い出話やら近況やら話してたらあっという間に1時間。迷惑にならないようにお暇してきました。いやー幸せのおすそわけを頂いてしまいました。

 

日曜日は一転、吹奏楽団の1日練習! がんばりました! 団員のみなさんも演奏会が近いので練習にも熱が入ってきます。私は課題が浮き彫りになり凹んだりもしましたが……この課題をなんとかしていい本番にしたいものです。まあこれまでの体調を考えれば、参加できただけでも御の字といったところ。帰路はへろへろでした。

 

そして月曜日は私はもともと完全休養日にするつもりでしたが、なんとオットが仕事の都合がいいとかで有給休暇を取っていました!わっほい!

2人で朝寝坊したり、ゆーったりおしゃべりしたり、いちゃいちゃしたり、動画やテレビを観て笑ったり、本当に幸せな1日でした。

 

 

明日は通院! ちゃんと早起きするぞー

 

婚礼衣装えらび

こんばんは文旦です。なんとなく寝る気になれなくて寝床から出てきてしまいました。うーん生活リズムが崩れている。今朝は軽めのうつも相まってコタツからなかなか動けず、婚礼衣装選びに遅刻しそうになりました。はい、そうです衣装選びに行ってきたんです。

 

結婚式準備を始めたはいいんだけども、会場を抑えたら次は何をするんだ…? とボケっとしていましたが、どうも風の噂によると衣装選びらしいです。うん。会場の方からパンフレットも大量に送られてきたし、間違いなさそう。しかもレンタル衣装は早い者勝ちという情報もキャッチしたので、すぐ動くことにしました。で、衣装選びの際には予約必須とのことなので予約してレッツゴー。

 

今回は母と私(新婦)の2人でゴー。オット(新郎)とはお互い当日まで衣装を秘密にすることになったので、助言役は着物にちょっと詳しい母に頼みました。セットのプランや衣装の契約の話を聞き、いよいよ試着へ。今時は衣装の一覧をiPadで見せてくれるんですね。進歩的。んで一覧の中から気になるものを選び、そして強引に「そこのマネキンが着てるやつをお願いします!」の技を発動し、結果一番ピンと来た白無垢はマネキンさんのでした。真っ白で刺繍が華やかなものです。次に色打掛でしたが、こちらも早々にピンと来るものが見つかり、母と2人で「いいね」「やっぱりこれだね」と言い合っていました。

最後に(挙式の半年前までならいくらでも変更&キャンセルできるということなので)白無垢と色打掛を抑え、花嫁のビッグイベント「衣装選び」は意外と呆気なく終わりました。

 

実はね、色打掛は本当はレンタルしないつもりなんです。私は祖父に買ってもらった自分の振袖があり、その振袖を(業者に依頼して)色打掛に仕立て直して当日に着るつもりでいます。振袖には思い入れがあるので、最後に自分の振袖を着て結婚したいんです。どうしても。

ただ、サイズ等の関係でそれが叶わない可能性があるので、レンタルの色打掛も一応抑えた、という形なのです。

 

まあ振袖の思い入れにはちょっとした話がありまして。

母方の祖父母には孫が5人いまして、それが男4人、女1人(私)なんです。で、私が生まれたときには、祖父は私を抱いて「この子の成人式の振袖は俺が買う!」と宣言したそうなんです。それ以来、祖父が弱気になって「俺はもうあと数年で死ぬかなあ」なんて言うと、おばさん達から「文旦の成人式まで生きて振袖買わなきゃ!ね!」とよくツッコまれていたものです。そして私が成長した暁に、有言実行、振袖を買ってくれたのです。そのときは祖父母に母に伯母と勢揃いであれがいいこれはダメだの言い合って、私に似合う、本当に素敵な振袖を選んでもらいました。なので祖父の20余年分の愛情が詰まっているようで、この振袖に思い入れがあるのです。

その祖父は先日亡くなってしまいましたが、きっとどこかで見てくれていると思っています。

 

dnbrk.hatenablog.com

 

…っということで、振袖→色打掛のリメイクがうまくいけばそれで、無理ならレンタルの色打掛にすることになりました。

 

また、衣装のレンタルは新郎新婦だけでなく両親の留袖やモーニングもあるそうで、あと何度かは足を運ぶことになりそうです。朝には「今日1回でビシッと衣装決めるぞー!」と思っていましたが、そう簡単にはいかない模様。まあ、時間はあるのでじっくり腰を据えてやっていこうと思います。納得のいく衣装に決められたらいいなーでも私の白無垢については今日の時点でわりと納得いってるなー笑

 

そんな訳で、衣装選びはまだ続きそうです。。

 

焦りは禁物、だけど

こんばんは文旦です。

最近は眠剤を減らされたにも関わらず快眠の日々だったんですが、今日はちょっと考え事が頭の中を駆け巡って眠れないのでブログ書きます。

 

私、普段はTwitterで同じような精神疾患をもつ方々と交流しているんですけど、最近みなさんいろいろ頑張ってるんですよ。大学目指して受験勉強したり、休職していた方が復職したり、あるいは無職状態から就労したり。いやーみんなすごい。すばらしい。応援したい。…それだけで思考が止まってくれないのが私の厄介な性格。

 

私は今のままでいいのか? やばいんじゃないか?

ハロワの障害者窓口に行こうか。

資格試験の勉強しようか。

主婦業も専業主婦なんだからもっとちゃんとしないと。

…etc.

 

 

…こんなときに見る日記のページがある。焦って動いて失敗したのを反省して、原点に立ち返れるように書いたページ。未来の焦った自分に向けて書いたページ。そこに一回戻ろう。

 

「期限を定めるのではなく、ステップを積み重ねていく」

「小さな成功体験を積み重ねていく」

「健康な友人たちのように働きたい気持ちもあるが、今はそのときじゃない」

 

うん。そうだ。現状でいいんだ。

今は、今の自分の状態でできることに取り組んでいる(主婦業)

小さな成功体験を積み重ねている(毎日のよかったことリスト)

大丈夫だ。きちんとできている。

 

 

このままで大丈夫。この調子でやっていこう。

以上、自分の気持ちの整理のための更新でした。